【黒人ハーフ・黒人ミックス髪型レポ1】8三つ編み&ビーズ

黒人ミックス髪形

ゴロリの定番の髪型を画像で順に解説します。

動画で見て気になっていたビーズにも挑戦しました。お試しで今回は一つの束だけビーズです。すっごくかわいいので今度はもっとビーズいっぱいで挑戦してみます。

※後日今回の髪型からのアレンジでビーズの束を1つ→4つに増やしてみました。【髪型レポ2】もぜひご覧ください。

基本情報!8つに分けて三つ編み&ビーズ

必要なヘアケアグッズ

髪型解説!8つに分けて三つ編み&ビーズ
  • スプレー(水、オリーブオイル、洗い流さないタイプのコンディショナーを混ぜたもの)
  • ディタングラースプレー
  • 洗い流さないタイプのコンディショナー
  • 髪を一時的に留めるもの(大きめ洗濯ばさみで代用)
  • ブラッシング用ブラシ
  • 分け目用コーム
  • 毛先用ヘアオイル
  • ゴム
  • ポニービーズ
  • ビーズを通す紐(細い紐がおすすめ)

髪型の手順ざっくり解説

所要時間:約一時間

全体をスプレーで濡らした後、以下の手順です。

  1. 分け目用コームを使って結ぶ箇所をブロッキング
  2. 結ばない髪の毛は大きな洗濯ばさみなどで邪魔にならないように留める
  3. スプレーで結ぶ箇所を湿らせる
  4. ディタングラースプレーを結ぶ箇所全体につける
  5. ブラシで毛束をほぐす(ほぐれにくい場合は手ぐしでほぐした後にブラッシング)
  6. 洗い流さないタイプのコンディショナーを束につける
  7. ブラシかコームでコンディショナーを束全体にいきわたらせる
  8. 束を三つに分けて編み込んでいく
  9. 途中で必要に応じて洗い流さないタイプのコンディショナーをつけていく
  10. 毛先まで編み込んだら毛先を折り返してゴムで結ぶ(毛先が乾燥しているようなら毛先をヘアオイルで保湿する)
  11. 1.から10.を繰り返していく
  12. 毛先にビーズの束は10.の工程で毛束にビーズを通して結ぶ

ブラッシングは必須!

各束のブラッシングには一番時間がかかりますが、とても重要な工程なのでしっかり時間をかけましょう。黒人ハーフ・黒人ミックスキッズの髪はとても乾燥しやすくデリケート。無理やり梳かすとプチっと切れて傷みます。

【ブラッシング前】毛先が絡まって一部おだんごになっています。
【ブラッシング後】毛先がほぐれて一本一本が長くなりました。

画像で解説!8つに分けて三つ編み&ビーズ

ブロッキングと結ぶの間に毎回丁寧に各束をブラッシングしてください。

1.頭を上中下で三等分し、その一番下の部分を二つに分けてブロッキングします。最初にブロッキングする場合もありますが、今回は結んでから順にブロッキングしていっています。
2.右下の三つ編みが終わりました。次は左下の三つ編みをしていきます。毛先は折り返して結びます。
3.下部分2箇所の三つ編みが終わりました。
4.真ん中部分は3つにブロッキングしていきます。まずは一番右側から三つ編みしていきます。
5.真ん中右側の三つ編みが終わりました。今度は真ん中の真ん中です(ややこしい)。
6.真ん中の真ん中の三つ編みが終わりました。真ん中の左側を三つ編みしていきます。
7.真ん中3つの三つ編みが終わりました。上の部分は3つに分けていきます。ビーズなしの場合は2つに分けてOKです。
8.上の左側が終わりました。右側はビーズを付けたいのでさらに2つに分けていきます。ビーズ小さい穴に毛束を通すのでビーズの束はめっちゃ細く取りました。※顔が右側です。写真を撮るアングルを途中で変えました。
9.上の右側の三つ編みが終わりました。これで三つ編みが7つ出来ました(下2つ、真ん中3つ、上2つ)。最後にビーズをつける毛束を細三つ編みしていきます。
10.めっちゃ細い三つ編みができました。他の束の五分の一くらいの細さです。そして長い!
11.毛先をループ状の紐に通した中に入れて紐を引っ張るとビーズが折り返された髪の毛に通ります。ビーズが落っこちてこないように、下の方をゴムで結びました。
★完成★

最後に

ビーズがとにかくかわいいー!ただ、毛束がかなり細くないと入りませんでした。髪の毛全体にビーズをつけるとなると、20個以上にブロッキングしないとダメですぅ・・

ちなみに使ったのはポニービーズと呼ばれる穴の直径が約4mmのタイプ。ゴロリのビーズアクセサリーキットから拝借しました。もっといろいろ試したいので、アソートでいろんな色が入っている商品を注文中です。

ビーズのつけ方は下の動画も参考にしてください。ビーズ通しは裁縫用の糸通しの要領なので、紐でも代用可です。毛糸用のかぎ針も使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました